車検費用をローンで支払う場合のお得な方法とはどんなことか?

車検費用をローンで支払う場合のお得な方法とはどんなことか?

私の車はもうすぐ車検を迎えることになるのですが、車検費用を現金で支払うことができそうにありません。

できればローンで支払いたいのですが、どのようなローンの組み方をしたらよいでしょうか。お得なローンが何かないでしょうか。

車検費用をカバーできるお得なローンもあります!

車検費用の支払いに充てるためのローンは沢山あります。さまざまな支出に利用するカードローン、車検会社と提携している金融会社のローン、車の購入時に組むようなオートローンなどがあり、その中には非常に低金利で利用できる有難いお得なタイプもあります。

忘れたころにやってくる車検は車の維持費の中でも大きなウェイトを占め多くのドライバーを悩ませていますが、ドライバーとしては継続して車を利用する限り避けて通ることはできません。そのため、決して少なくないお金を用意しなければならず、車検のたびにその工面で苦慮する方も沢山おられます。

そんな時に強い味方になってくれるのがローンです。普通自動車の車検費用は、車の車種、排気量、使用年数や使用状況などにより異なりますが、およそ7万円から20万円ほどかかります。ローンで借りるにしても比較的少額なので、対応できる商品は少なくないと思われます。

その代表が一般的なカードローンではないでしょうか。申込者の信用状況などにもよりますが、15万円ほどでしたら手続きも比較的簡単であまり時間をかけずに融資を決定してくれる金融会社も多いと思われます。ただし、少額の借入れなので設定されている上限金利に近い利率で借りることになるので、あまりゆっくりと返済していると多くの利息を支払うことになります。

その他のローンとしては、車検会社と提携している金融会社のローンや車の購入時に組むマイカーローンなども利用できます。車検会社が扱っているローンは車検会社ごとに異なるので、貸出金利は非常にバラつきが大きいです。ざっと調べると1~2年以内の完済で11%~18%の間のローンが見かけられましたが、もっと低金利で融資しているところもあるかもしれません。

マイカーローンは通常車を購入する時に利用するローンなので、返済期間も長期間を想定したものとなっており、それを反映した低い金利が設定されていることが多いです。そのため、20万円までの少額の車検費用や修理代などでは利用できないローンが少なくありません。しかし、信用金庫などでは住宅ローン利用者を対象とした3%ほどの低金利で10万円からの融資しているところもあります。

金融機関の中には貸金事業に大きく力を入れ事業を拡大させようとするとことも少なくありませんので、お近くの金融機関などのローン商品をよく調べてみてはどうでしょうか。あなたが納得できるお得なローンを用意しているところもあるのではないでしょうか。

車検の費用をローンで支払うことはできるの?

車検費用は意外と高いですね。車にもよりますが10万円以上はかかりますし、車検でどこか不具合が見つかればそれ以外のお金も必要になります。車検費用はローンを組むことができるのでしょうか。結論から言えば可能ですが、条件がつくのです。ローンの契約者と車を所有している人が同じであるという条件です。契約者と車の所有者が違う場合には、所有者、使用者が保証人にならなければいけません。そうでないと組めません。例えば現在所有者は自分になっていても、契約者が車のお金を借りた金融機関になっていることがあります。金融機関または保証会社が契約者になっている場合は車検費用は現金でしか支払うことができません。

そして全額支払いが可能になるわけではなく、基本的には税金と保険の分、法定費用は現金の一括払いしかできません。それ以外の整備や修理に係る費用はローンでの支払いも可能ですが、車検を行う業者によってはすべて可能なところもありますし、すべて現金一括払いしか受け付けていないこともあります。

大半のところが車の商品を取り扱っていると思います。上限は30万円程度で24回払いまたは36回払いで対応しているところがほとんどです。では借り入れではなく、クレジットカードでの支払いはできるのでしょうか?

全額カードで支払うことができれば、結構な金額ですからポイントもたまりお得です。しかし基本的にはできないところのほうが多いでしょう。できるところのほうが少ないのです。先ほどもいったように、法定費用は現金一括ですし、それ以外の部分をカードで支払う場合、利用は加盟店が5パーセントの手数料を負担しなければいけないので、この業界ではあまり行っている業者はいないのです。

クレジットカードや、金融商品を借りて支払う場合でもできるだけ費用は抑えたいですね。どこの業者が一番安いのか調べることが大事ですし、利用限度枠が大きいカードキャッシングを利用するというのも1つの方法です。