無職の状態でも借金できるか?その方法と注意点とは

無職の状態でも借金できるか?その方法と注意点とは

私は最近失業して無職の状態で生活が非常に苦しくなっています。このままでは収入を得ることができずカードローンを組むこともできないので、借金することも難しそうです。

このような無職の状態ですが、どこか融資してくれるようなところはないでしょうか。

無職であっても少額なら借金することも不可能ではありません

カードローンなどを利用して借入れを申し込む場合、利用者には安定した収入があることが条件となっており、無職では審査に通ることが難しいです。無職といっても、転職が決まっていたり、派遣やアルバイトの仕事が決まっていたり、生活保護を受けられる予定になっていたりすれば、そうした内容を前提に融資を行う金融会社もあります。

消費者が金融会社に融資を申し込む際に審査が実施されます。その審査は、利用希望者が貸したお金をちゃんと返してくれるかどうかを確認するためのもので、その人の信用状況や返済能力が審査されるのです。無職の状態であると当然返済能力に瑕疵があると通常は判断され、多くの金融会社及びその保証会社の審査を通過することは難しいとみられています。

しかし、昨今の貸金業界は競争が激しくなってきており、事業の拡大のために積極的な貸出しを行う金融会社も現れており、貸付金額を少なめにする代わりに審査を甘めにするというような会社も出てきています。そうした会社の中には無職でもその人の他の状況により融資を認めるところも現れ始めています。

また、無職といっても各個人の状況は様々です。例えば、次の勤め先の内定をもらっていたり、派遣社員として勤務する会社や時期が決まっていたり、生活保護を受けていたり、株式の売買で一定の収入が期待できたりする、というような場合は、比較的近い時期に一定の収入が得られる可能性があります。

貸出姿勢が積極的な金融機関はこうした情報をプラス要因と評価して、高額にはなりにくいですが少額なら融資することもあるのです。そのため、大手の銀行や消費者金融などで融資を断られても、他の金融会社では審査に合格して借入れすることができるかもしれません。貸出し条件のよい大手や中堅の会社を選んで申し込んでみてはどうでしょうか。

ただし、あまり聞き覚えのない会社や、逆に融資を直接勧誘してくるような会社には注意が必要です。法外な金利で貸し付けられたり、保証金などとして現金をだまし取ったりするような悪質業者もあるので、くれぐれも慎重に利用先を検討してほしいものです。

無職の方が金融機関から借金をする為に有効な手段とは

無職のためにカードローンやキャッシングの審査に通過できない方は多く、このような方がこれらのサービスを利用する際には効果的な手段を把握しておく事が必要になります。何らかの理由でやむを得ず無職になってしまったという方の場合は、生活のためにお金が必要になる事があります。そのためには、カードローンやキャッシングの便利なサービスを利用して、生活費に企てる事も効果的な手段です。

現在は無職である方が金融機関から借金をするためには、アルバイトやパートなどの職に就くという方法があります。この非正規での雇用形態でも仕事を始めることで、金融機関からお金を借りる事ができるようになります。アルバイトという雇用形態でも、金融機関の審査では無職の状態とは評価は異なり、一定の収入があると見なされるので、借り入れがしやすくなるのです。金融機関の中にはアルバイトの方に特化したキャッシングのサービスを提供しているところもありますので、このサービスで収入を証明し、借入をすることができるようになります。

又、現在は無職の方が金融機関からお金を借りる際には、担保になるものを用意するという方法もあります。具体的には、金融機関からの借り入れでは自動車が利用される事があり、この所有している車を担保にして融資を受ける事が出来るサービスがあります。しかしながら、この車を担保にして融資を受ける場合は、業者は厳選して選ぶ必要があります。場合によっては、担保として提供した車を過小評価されてしまうケースもありますので注意が必要なのです。

又、金融機関から借入れをする場合には、インターネットなどを利用して個人事業主になるという方法もあります。この方法はホームページを準備し、公的な機関に正式に届を出せば個人事業主としてお金を借りる事ができるようになります。この場合は、個人事業主の方に専用のサービスを提供している消費者金融を選べば、比較的簡単に融資をしてもらうことができるのです。