電話で簡単に融資してもらえる時代の注意したいことは何か?

電話で簡単に融資してもらえる時代の注意したいことは何か?

私は25歳のIT関連の企業に勤めるサラリーマンですが、友達との遊びでお金が不足することがよくあるので、金融会社のカードローンを利用しようかと思っています。最近、聞いたことのない金融会社から電話で融資の勧誘を突然受けましたが、保証料を一定額納めれば直ぐに希望の額を融資してくれるというのです。

今回のような知らない会社から電話による融資の申し出を受けた場合信用してもよいのでしょうか。また、どのように対処していけばよいでしょうか。

金融会社を装った電話による融資詐欺事件も発生!注意が必要です

大手の金融会社などに成りすまして個人に突然電話をかけ魅力的な融資の話を持ちかけ、現金をだまし取ろうとする融資詐欺事件が時々発生しています。いくら資金不足に困っていたとしても安易に甘い誘いに乗らないで、金融庁や日本貸金業協会などの悪質業者情報などを確認し慎重にその業者を調査したり融資の内容を確認したりして、検討を進めるべきです。

最近の貸金業界では電話で契約の申し込み手続きが簡単に行えるようになっており、利用者の利便性が日々向上しています。また、貸金業界では大手消費者金融が大手都市銀行系グループの傘下に入ったり、貸金業法が改正されたりして、貸金事業の健全化が進み以前のようなブラックなイメージも変わりつつあります。そのため、金融会社から融資の案内程度の電話があっても今の消費者ならさほど不審に思わなくなっているかもしれません。

特に大手の消費者金融ならテレビCMなどで知名度も高いので突然電話連絡があっても不思議に思うことはないでしょう。しかし、こうした状況を悪用して、お金に困っている消費者から現金をだまし取ろうとする「貸します詐欺」などが発生しているのです。

大手の消費者金融に成りすまし、お金に困っていそうな消費者をターゲットとして電話をかけ借り手にとって非常に魅力的な条件の融資話を持ち掛ける手口です。具体的には、低金利の融資を提供するなどと持ち掛け、先に保証料の名目などで現金をだまし取るものです。

お金に困っていない冷静な状態ならそんな甘い誘いに引っ掛からないのでしょうが、お金がどうしても必要な人は藁をも掴みたいというような気持ちで話に乗ってしまうのかもしれません。詐欺を働く者はそんな人の弱みに付け込んで人を騙すのが常套手段ですので、困っているときこそ冷静さを保ち慎重に対応したいものです。

もし電話で融資の勧誘を直接受けるようなことがあったら、まず疑ってみることから始めるべきです。名前も聞いたことのない会社なら金融庁や貸金業協会のWEBサイトの悪質業者の情報などで確認するのがよいでしょう。また、大手の金融会社でも直ぐに信用せず、相手の電話番号を聞き、実際の会社のホームページなどで示されている連絡先と一致しているか、実際にその担当者が存在するか、などを電話で確認するのがよいでしょう。

【それでも不安な方はこちらをご覧ください】
【ホッと安心!】ローン審査で怖がらないで!優秀金融会社紹介!

キャッシングで融資を受けるときには電話の確認がある

キャッシングで融資を受けるときには電話の確認があります。これは、審査の段階で行なわれる確認で、カードローンのようなキャッシングのサービスを受けるのならばほとんどの会社で採用されていることなのです。ですので、そのための準備をきちんとしておかなくてはいけません。

では、そもそもなぜ電話がかかってくるのかと言うと、これには二つの理由が存在します。まず一つ目は、自身の身分を確認するためです。カードローンのようなキャッシングのサービスは、無人の契約機を利用しても申請することができるのですが、この申請の際にはキャッシング会社側から必要事項を打ち込んだ段階で電話がかかってくることになっているのです。そのため、まずはこの確認のために対応する必要があります。

そして、もう一つが自身の所得を証明するためのものなのです。実は、キャッシングのような少額融資のサービスでは、消費者側から進んで所得の証明を行なう必要がありません。少額融資では融資に関する危険性がほとんどありませんので、金銭に関して大きなトラブルが発生しないと判断されているのです。消費者の返済も非常に楽ですし、審査を厳しく必要がないのです。

そのため、所得に関する証明書類をわざわざ厳格に提出させなくても、キャッシング会社からの直接の連絡一つで審査を終えることが出来るようになっています。このような審査の方法の事を在籍確認と言います。文字通り、これからお金を借りる人が本当にその職場に所属しているかどうかを確認する事を言うのです。これだけで、所得の証明になります。

もちろん、在籍確認はこれからお金を借りる人のプライバシーに配慮した形で行なわれますので、消費者がこれからお金を借りることが職場の人間に悟られることなどは絶対にありません。安全に利用できるようになっているのです。ですので、消費者本人や職場に直接連絡があるからと言って何か不安に感じる必要はありません。安全にサービスを利用できます。